(愛知のセフレ)
永遠に泣きたい
(池田すみ子)
食べるものじゃない
(愛知のセフレえ)
水でひよこを蹴る
(H原麦草)
「福井」
井戸に戻る砂

光が石の蓋を絞る、または井戸を鳴らす

愛知でセフレ

白い雲や音なしで水がう

愛知のセフレの言葉は噴水です
幼年期の言語は吹井です。

常にきれいな水を拭いている井戸。
噴水よりも生活が良く、夏にはトマト、イチゴ、サイダーを冷やします。

野菜を井戸に吊るし、春の水に浸して冷やします。光の井戸の底で、水が揺れます。
水は水中で変動します。
底の砂が一緒に噴き出し、金粉などもあります。
冷蔵庫では、底から噴出する水の動きは見えません。

未開の井戸にメガネを落とすまで
(小澤Re)

安全対策として、幼児が井戸に落ちないように重い石で覆われ、手押しポンプで水が汲み上げられました。