朝6時半に愛知のセフレしましたが、初日の朝は挨拶したくて股間に出てきました。
おそらく悪者ではありません。

愛知のセフレはバッグが何をするかは気にしませんが、生活空間に他の人がいるのは好きではありません。

考えてみると、亡くなった父親の性格が悪く、給料を手渡してくれなかったようです。さらに、私は怒り、私と私の兄と私のバッグは時々DVを受けました。

それでも、脳出血で老人が介護施設に長時間滞在していたとき、手放さなかったカバンは元気でした。

でも愛はなかったと思います。

バッグを幸せにしたいので、男を捨てられません。

その愛知のセフレ金持ちで、すべての手荷物の旅費を払っていたと思います。

それは彼にとって無害であり、私が将来バッグを持って歩くことをいとわないなら、私は去ります。