.

それは…約20年前

私には遠くに住んでいる兄がいます、そしてそれは彼が経験した実話です。

ある日、兄が別県の友達の部屋に泊まりに行った。

夜はお酒を飲みながらやかんを飲んでいたようですが、友人は翌日働いていたので早朝に出勤しました。

一人にされた兄は、お酒が残っていたのでベッドに横になっていた。

そんな中、体が硬くなり動かなくなってしまう…いわゆる金縛りです。

愛知に言えば、それは睡眠と目覚めの間の移行中の入眠中の幻覚を伴う金縛りのようです。

レム睡眠中は体は眠っていますが脳は目覚めています。愛知に目覚めたとき、体はすぐには動きません…

なんてこったい…

そして、赤ちゃんは足元から四本足で歩きます…愛知、布団の上にハイハイまたは這い回って近づいています…

顔に向かって…

カーテン越しに太陽が差し込んでも違和感がないほど鮮明な画像です…

フルカラーだったようです…

透明な画像なのに時代とともに進化していくのでしょうか?

また、1Kの間取りが狭いため、ベッドから入り口が見えます。