最初の警告がどこに行くにせよ、私は楽しんでいてハイペースです。
セフレを気にして店を出た。
彼女はどちらも駅に向かってゆっくりと歩きますが、ゆっくりと歩きます。
「終電はありませんか?」
セフレを横に振る。
「これは駅じゃないの?」
首を横に振る。
「……戻りたくない?」
うなずき。とてもかわいい。
これはホテルに直接行きます!
いいはずだったんですが、カラオケに行きました(後で超絶後悔)

もともとAちゃんは彼氏を作らない方針だったそうです
私たちは数回、とても良いセフレを過ごしました。
土壇場ではご連絡いたしません。

私との約束を忘れましたか?気になった.