開いて太ももと下着を着ていた。露にさらされて目が釘付けになったのを今でもはっきりと覚えており、このお愛知のセフレで働き続ければ、いつかこのインタビュアーの女性と一緒に書き留めることができるでしょう。やっていた
ところが、愛知のセフレのイベントで森の会社で寝ていた同級生のKにいたずらをされた後、その愛知のセフレを持っていると同時に世界に興味を持っていることに気づきました。それから久しぶりですが、当時の彼のお尻への欲求を満たしたいという欲求は衰えることはありません。
社会の一員として、税関の社員として働き始めました。ある日、店内で先輩の選出された肉塊を抱える店で働く女の子を目撃した。消えたとき、女の子の口から吐き出される分泌物の匂いがしたかったので、ゴミ箱に捨てられたシャツを集めました。また、シャツのボタンを外した状態で、鼻と上半身のタトゥーの内容を塗りました。その後、休憩室や事務所のゴミ箱に捨てられていたテイッシュやゴムの中身を塗りつけたり、吊るしたりしました。続けましたが、満足できなくなった時、舐めて飲み始めました。